ピアノの事なら

中古ピアノ豊富な在庫

新ブログ
NighTONE(ナイトーン)

記事一覧

鍵盤ブッシングクロスの張替

今日はお客様のお宅から預かった鍵盤のブッシングクロスを

張り替えました。しばらく調律をされていなかったピアノで

鍵盤のブッシングクロスが虫に食べられてしまい、ボロボロに

なってしまっていたため張替のご依頼を受けました。

蒸気を使って古いブッシングクロスを剥がし、掃除をしてから

張替作業に取り掛かります。

先ずはバランスブッシングクロスから張り替えました。

ファイル 611-1.jpg

接触面にボンドを塗って所定の位置に合わせます。

ブッシングクロスを固定する為の治具を上部のバランスホールに

入れます。

ファイル 611-2.jpg

これで具合良く固定され、接着されます。その後両サイドの

ブッシングクロスを切り離し、次の鍵盤の張替に移ります。

ファイル 611-3.jpg

この様な状態で接着剤が乾くのを待ちます。

接着剤が乾いたら、余分なブッシングクロスを切り落とし、

綺麗に揃えていきます。

ファイル 611-4.jpg

バランスブッシングクロスが終わるとフロントブッシング

クロスの張替に移ります。

ファイル 611-5.jpg

フロントブッシングクロスの張替後はこんな感じ。

これらの張替がきちんと終わると、ピアノに鍵盤を戻して

ピンとの調整作業、所謂鍵盤整調に入っていきます。

鍵盤整調がきちんと出来ていると鍵盤がスムーズに動き

気持ちよくなりますね。


鍵盤ががたついたり、変な音がしたりする場合は、

ブッシングクロスを張り替えると相当良くなりますので

気になる方はご相談下さい。


.
.
.

ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

トラックバック一覧

コメント一覧